痛風予防や高尿酸値の量を下げるだけでなく体の健康を考えたときにでも言えることですが、毎日の食事でどのような食物を意識して取るのかはすごく大切なことです。

たとえば今までは無意識でお肉ばかりを満腹に食べていたのが、肴に変えるだけで、痛風の恐怖を遠ざけることに近づきます。

ここでポイントになるのがタンパク質で、体の形を形作るのが細胞や筋肉、皮膚などの他、酵素やホルモン、血液と言った生命を維持する成分に含まれる、なんとなく栄養素を取ることではなく、どれだけ意識して吸収するかが重要になります。

体内で分解と再合成を繰り返しながら、新陳代謝をしていると蛋白質はアミノ酸から構成されていきます。アミノ酸は20種類ほどありますが、その内9種類は体の中で合成されますので、このアミノ酸などの栄養分をどれだけ考えて吸収していくかが重要になります。

必須アミノ酸と呼ばれていアミノ酸は、体内では造り出すことができないために、毎日食べている食品を意識して取ることが重要です。

話を戻しまして、アミノ酸んお腹で、タンパク質を取ることが重要になり、この栄養分が高尿酸値を下げることにもなります。

まず思い浮かべるのは牛、豚、鳥の肉ではないでしょうか?

たしかに肉は良質なタンパク質ですが、肉のとりすぎは動物性脂肪を取りすぎる危険があります。

動物性脂肪には血液中のコレステロールや中性脂肪を増やす働きのある方は脂肪酸が多く含まれていますので、取ることは構いませんが、過剰に吸収することで、高銀省産地を高め、結果的に痛風の原因んいなります。

牛肉や豚肉ならヒレやもも、鶏肉ならささみなど、油の少ない部分を取ることを意識したいところですが、やはりいちばんおすすめなのが魚です。

魚の味については置いておいて、なによりも魚は動物性脂肪が少なく、タンパク質をしっかりと吸収することができます。

そして何よりも、動脈硬化を予防する効果などが期待できます。しかしながら、干物や白子など塩分が高い魚の料理はプリン体を多く含むために注意が必要です。

おすすめは刺し身などですね。