痛風は尿酸という物質が体内に増えすぎてしまうことが原因です。そんなことはわかって入るものの、ついついアルコールや脂肪の多いものを食べてしまうことで、尿酸値が高くなるために、痛風が起こってしまいます。

この痛風の苦しい悩みをならないために、ピリピリとした違和感を感じた時に、コルヒチンを服用することで、痛憤の苦しい痛みを和らげることができます。

しかしながら、ピリピリとした違和感が来る前にもならないように、まずは尿酸の招待を知ることも重要です。

プリン体という物質について理解する必要があり、このような細かなことをどれだけ理解しているかで大きく変わるものです。

私たちの体は約60兆個の細胞から構成されており、この細かな細胞は常に壊されては新しく生まれ変わり、新陳代謝を繰り返して、生命を維持されています。

細胞の一つ一つには遺伝子情報を狙うDNAやRNAの中核をなす拡散がありまし、この拡散を構成する成分んおひとつがプリン体です。

古くなった細胞が壊れ、拡散が分解する過程で、プリン体から尿酸が作られます。

尿酸は細胞の新陳代謝の結果、生じる最小代謝の産物であり、再招待者の産物とは、体力でこれ以上は分解することができな物質のことを意味します。

殆どの哺乳類は尿酸を分解するウリカーゼという酵素を持っていて、アラントインという物質に代謝しますが、人などの霊長類は進化する過程でこのウリカーゼを賛成できなくなったということが言われています。

このような関係が尿酸値に大きく関わるために、どれだけ普段んお食事の中でプリン体を高めないように意識できるかが重要です。

体を動かしたり、食事の量を意識するなど、ほんの少しのことなんですが考えておくだけでもかなり変わるものです。そういったことを日々の生活習慣で心がけておくことで、高尿酸値が下がり、気づいた頃にはコルヒチンを使わないこともきっとくるはずです。

まずは普段の生活環境の中でどのように日々を送っていくかが重要になるために、毎日の中で何が必要なのか、どんなことが自分にとって健康につながるのかを考えて一歩一歩進んで歩んでいくことが高尿酸値を下げることにつながるかと思います。