あの痛みだけはもう二度と味わいたくない。
そのためにお世話になるのがコルヒチンです。

もう10年以上も前から痛風と戦っているためにピリピリ違和感を感じたらすぐにコルヒチンを服用するようにしています。

痛風歴が長いからか、それとも年齢が影響しているのかよくわかりませんが、最初の頃は1年に1度のペースでピリピリがキていましたが、どんどんペースが増えており、ここ最近は一年に4~5回と増えています。

そのためにコルヒチンの存在は必要不可欠です。

コルヒチン詳細・購入について>>

 

コルヒチンを個人輸入代行・通販で購入

コルヒチンの医薬品については、病院の医師の処方箋があれば購入することができます。

コルヒチンを薬局で購入する場合、1錠あたり7.8円となります。

コルヒチンの薬価

・1錠0.5mg=7.8円

現在のところ、コルヒチンは厚生労働省から許可されている薬のために、どの薬局で購入しても同じ薬価となります。

しかしながら、コルヒチンの薬科代以外にも、病院に足を運ぶまでの電車代や車のガソリン代、それから診察代金、検査台などで、もろもろのお金がかかります。

痛風発症の経験者の方ならご存知かと思いますが、コルヒチンを服用する場合は、尿酸値が高いという表しなために、それと並行して尿酸生成抑制剤と呼ばれる尿酸値を下げる薬も服用します。

尿酸値を下げて痛風予防と考えると、安いお金だとは思います。逆に、このお金をケチってそのままコルヒチンや尿酸生成抑制薬を服用しないとあの激痛がまたやってきますから。

ただし、こちら側として、医師の指導を受けることは大切だとは思いながらも、一番はコルヒチン様や尿酸生成抑制剤様がメインです。

わざわざ病院に足を運ぶことなく、コルヒチンなどのお薬にだけ必要最低限のお金を払えれば効率継続していけると思います。

そこで利用したいのが、インターネットの個人輸入代行サイトを利用しコルヒチンを購入します。

「え?インターネットで医薬品を購入する?」

コルヒチンは国内の製造会社だけでなく、海外でも製造され病院で処方されています。

この海外の製造会社から個人輸入代行を利用しコルヒチンを購入するという形になります。

「個人輸入はすごく面倒くさそう・・・」

「というか日本語しか話せないのですが・・・」

個人輸入代行サイトの場合、本人が海外のサイトを利用して医薬品などを直接購入するわけではありません。

個人輸入代行サイトで、ほしい海外の医薬品や商品を注文することで、代行者が海外業者に依頼・注文し、自宅に届けてくれます。

「個人輸入の薬はニセモノのイメージが多いのですが?」

これは正直なところ私も思いました。
海外の商品というだけでかなり抵抗がありますが、医薬品となるとかなりヤバイんじゃないの?と思います。

そんな「怪しい、ニセモノじゃないか?」と思ったら、実際に利用した人たちのコメントを見て、調べてみることが重要です。

まずコメントなどが残っていないのは論外となりますが、個人輸入代行サイトの中で、オオサカ堂というサイトには医薬品を実際に購入した人たちのコメントが残っています。

海外のコルヒチンを通販や個人輸入代行で購入してみようか、どうしようかと迷っている人がいたら、一度コメントを見て調べてもいいかと思います。

コルヒチン詳細・購入について>>

というか痛風はなぜ起こるのか?

そもそも痛風が起こる原因としては、まずは年齢が関係すると言われています。

一昔前までは痛風といえば中高年の病気であり、発症のピークは50大と言われていましたが、近年はそのピークが30代まで下がってきています。

この年令が下がり痛風が起こっているのが食事が大きく影響していることがわかっています。

一昔前までは50代以降に痛風が多かったのに、現在は若い人に増えているのが、戦後の欧米化ですね。

これは通婦だけに言えることではありませんが、食事の栄養バランスが崩れることで高尿酸血症が影響することが痛風の発症率が高まります。

この栄養バランスの中で一番関係するのがプリン体という物質です。

痛風に悩まされている方ならプリン体という言葉は一度は耳にしたことがあるはず。

最近はプリン体ゼロを歌っているお酒などもよくよく耳にしますが、この言葉自体は皆さんも耳に七えるはずですが、しかしながらプリン体の招待を正しく理解していない人もいるはずです。

あくまでもプリン体のプリンはお菓子のプリントは全く関係はありません。

プリン体とは尿酸んお元になる物質で、尿酸は体内にあるプリン体が分解される時に生じる、言わば老廃物です。

それから食品に含まれるプリン体からも尿酸が作られ、例えば動物性食品を始めとする高カロリー食品やアルコールなどには特にプリン体を多く含んでいるため高尿酸血症が起こりやすいです。

しかしながら、一定量を食べる部分には問題ハリません。

過剰に体内に吸収することで、老廃物が増えることで、プリン体が増加し、高尿酸値が増えて、痛風につながってしまうわけです。

痛風発作は4種類

痛風の発作は発症から痛みが収まるまでの経過を4つに分けることができます。

発作の前兆が現れてくる「前長期」
発作が起きて痛みみや腫れがピークに達する「極期」
痛みや腫れの症状が軽快してくる「軽減期」
症状が完全に収まる「解期」

この中で、発作の前兆を感じた時にコルヒチンを服用することで予防することができます。

コルヒチンのとは

痛風発作を起こした足の親指の付け根や、親指と人差指の間がピリピリする、ムズムズする、軽い痛みがあるなどと感じた場合にコルヒチンの薬を服用します。

これはつうふうほっさを1回以上経験したことがある人なら、発作が起きる前日くらいから感じる前兆だと思います。

もしかしたら前兆が起こっていても、分からない人がいるかもしれませんが、こうした前兆が合った時に痛風の患者さんんお強い味方になるのがコルヒチンの効果になります。

ピリピリとした前兆を足の指で感じた時に、コルヒチンを1錠(0.5mg)を服用することで、発作の発症を予防することができます。

逆に、そのままにしておくことで、ピリピリからの違和感から激痛に変わる可能性も十分にあります。

病院からコルヒチンの処方箋を頂いたことがある方ならわかるかもしれませんが、1錠を服用すれば効き目が現れるわけではありません。

高尿酸値などによりコルヒチンの服用期間が異なり、一般的には1~3ヶ月ほど毎日のように服用を続けることになります。

それから、ピリピリと痛風の前兆が起こっているということは、尿酸値が高まっている証なので、尿酸生成抑制薬と一緒にコルヒチンの服用が必要となります。

尿酸生成抑制薬
  • アロプリノール
  • フェブキソスタット
  • トピロキソスタット

つまりコルヒチンだけでなく、尿酸値を下げる尿酸生成抑制薬も一緒に服用をすることが重要になります。

コルヒチンの効果

コルヒチンは昔から痛風の特効薬として使われていました。
ユリカのイヌサフランという植物の球根や種から抽出される成分を利用しています。

免疫機能を狙う白血球は尿酸血症を攻撃しようとして集まってきます。

コルヒチンは、この白血球の機能を阻害します。

痛風は発作を起こす少し前に服用しても効果があるのは直接白血球に働きかけるためです。

しかしながら、痛風発作が起きてしまって1~2日してから服用しても効果は余りありません。このような時は非ステロイド公園小っ薬を服用して、少しでも痛みを緩和させたほうが良いとされています。

コルヒチンの副作用

ピリピリやムズムズした時にコルヒチンを服用することで痛風を抑えることができます。

このように強力に痛風発作を抑える作用が期待できますが、その反面として、副作用が起こるために、ある程度の理解をして服用することが重要になります。

例えば、肝臓障害や白血球減少と言った副作用があります。

また、服用量がある程度達すると腹痛や嘔吐、下痢、脱毛、筋肉の痙攣などの副作用が起こりかねません。

薬物相互作用が多いため、コルヒチン服用中に他の病気の薬を服用する場合は個人の判断だけではなかなか難しい場合があります。

副作用が強く感じた場合は病院美味しに相談をすることも大切です。

コルヒチン詳細・購入について>>